連休中に考えたこと

田村壮

こんにちは。経済学部2年の田村壮です。よろしくお願いします。

部活が自粛になってしまい、暇になりそうって思っていたのですが全然そんなことありませんでした。本当にありがたいことに、連休中も朝から晩までバイトさせてもらいました。少し前まで働いたら負けだと思っていたのにこんなに働くなんて自分でも驚いています。

 最近バイト先でよく言われるのが相手の目線に立つということです。これはバイト中だけではなくサッカーや日常生活にも当てはまると思います。これまでの人生を振り返ってみると、確かに周りの人たちのことを考えない行動が多くあり、高校の時、もっと人の気持ちを考えろと言われたのを思い出しました。
これからはもっと相手の目線に立って、サッカーでは味方の選手が受け取りやすいパスを出したり試合や練習のサポートを積極的にしたり、サッカー外では周りの人たちへの配慮や気配りを今まで以上に心がけたいです。

 ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

下克上