大切なもの

永堀真菜

平素よりお世話になっております。横浜国立大学体育会サッカー部二年マネージャー、永堀真菜です。これまでは選手一人一人が部活について思いを語ってくれました。どの文章もそれぞれの個性が表れていた文章でした。今回は私もみんなと同じように、部員の一人として、拙い文章ながらも少しお話をさせていただこうと思います。

今回このブログを書くにあたって、私はとても内容に困りました。なぜなら、書きたいことがたくさんありすぎたから。この部活に入りたい!と思って横国を選んだ珍しいタイプの人間だからこそ分かる、高校時代に感じていた横国サッカー部の魅力について。高校でもう終わらせようと考えていたマネージャー人生をなぜ続ける気になったのか。一年間選手の一番近くにいたからこそ知っているみんなのいいところ。などなど、全部語りたかった!だけど長々と書くわけにもいかないので、今回は「私が大切にしている三つのもの」について書いていきたいと思います。

一つ目は、「良いマネージャーのいるチームは強くなる」という、高校時代にサッカー部の顧問に言われた言葉。この言葉を聞いて、もっと自分の力を使いたいと思い、大学でもサッカー部のマネージャーを続けようと決心しました。私にとって、人生を変えてくれた言葉といっても過言ではありません。部員のみんなに良いマネージャーだと思ってもらえるように、少しでもチームが強くなる手助けをできるように、努力を続けていきたいと思います。私がいくら練習をしてボールを扱うことが上手くなっても、試合に出ることはできません。でも、チームが強くなるためにできることはたくさんあると思います。引退の時は同期が誰一人かけることなく全員そろって、強い相手にも勝って、三年間部活頑張ったね、楽しかったねって終われるといいなぁ。これが今の私の夢の一つです。みんなと一緒ならきっと叶えられそうだなって思っています。

二つ目は、いてよかったと思ってもらえるマネージャーを目指すこと。マネージャーをやるうえで私たちが絶対に忘れてはいけないこと、それは、私たちがいなくても部活をやることはできる、ということなのではないかと思います。マネージャーがいなくても選手たちがサッカーをすることはできるけど、選手がいないことには私たちがマネージャーの仕事をすることはできません。極端な言い方をすると、マネージャーはいてもいなくてもいい存在。だからこそ、チームのために全力でサポートをする。自分にしかできないことを見つけていく。そして最後には、まながいてくれてよかった!と選手から言われるようなマネージャーになりたいと思います。

三つ目は、感謝の気持ち。サッカーのできる環境があること。応援してくれる人たちがいること。すべてのことに感謝です。また、実際に大学で部活に入ってみると、つらいことや大変なこともありました。でも、それよりも大きな喜びや、楽しさがあります。やめたいと思ったことは一度もありません。それも全部、いつも一生懸命に頑張っている姿を見せてくれる選手のみんな、陰で支えてくれるスタッフの方々、いつも優しく見守ってアドバイスをくださる尊敬する先輩マネージャーの二人、同じだけのサッカーへの熱量をもって一緒に頑張ってくれる同期のマネージャーのおかげです。いつもは素直に伝えることができませんが、感謝の気持ちでいっぱいです。私は横浜国立大学体育会サッカー部の皆さんのことが、心の底から大好きです。

今のサッカー部の目標は「関東二部昇格」。確かに今のままでは関東二部にいるチームとの差は大きいのかもしれないけれど、私は、世界で一番大好きなこのチームの選手を信じています。まだまだ未熟者ですが、チームを愛する気持ちならどこのマネージャーにも負けません。コロナウイルスの影響で思うように部活ができない今、私は私にできることをやっていこう。三つのものを心に持ち続けてこれからも部活動に励んでいきます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。これからも横浜国立大学体育会サッカー部の応援をよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ちょっとの好奇心